知らないと恥ずかしい?お葬式についてのいろいろ TOP

このサイトについて

年齢が上がるにつれて、親族や親しい人のお葬式に参列する機会も増えてくると思います。
そのときに大人として恥ずかしくないように、マナーを守って参列したいものですよね。

そこでお通夜や告別式などに参列するとき、どのような服装でいけばいいのか。
簡単にまとめておきたいと思います。

男性と女性で服装のマナーは違うので、よく覚えておきましょう。
男性はダークスーツに白いシャツ・黒いネクタイ・黒い靴下・黒い靴が一般的な葬儀に参列するときの服装です。
女性の場合は、黒のワンピースやスーツ・アンサンブルなどにしましょう。
肌を見せるのはマナー違反とされていますので、ストッキング(黒)を着用し靴も黒いものを選びましょう。
また夏でも半袖ではなく五分袖程度の物にしておきましょう。
女性の場合はこれにネックレス(パール)をつけていっても構いません。
その場合は一連のものにしましょう。なぜかというと二連は「繰り返す・重なる」という意味があるので、弔事には不向きです。

アクセサリー類については、男女どちらも控えめにしておきましょう。
結婚指輪程度にし、金品はできるだけつけないこと。
女性で髪の毛が長い場合は、黒系のゴムなどで束ねておきましょう。
コートは毛皮の物は殺生のイメージが強くなるため避けましょう。

お葬式は、故人とのお別れの場です。
きちんと服装のマナーを守って、遺族や故人に失礼のないようにしていきましょう。

コンテンツ一覧

ブログ

おすすめ情報

家事代行 大田区は安心してサービスをご利用頂けるように心掛けています。
家事代行 目黒区は様々な仕組みを通して、サービススタッフの作業品質向上を目指し、日々努力しています。
2005年より7年間、延べ2,000人を超えるお客様に家事代行サービスを提供してきた家事代行 港区です。
家事代行 東京は安心してサービスをご利用頂けるように心掛けています。
Copyright(C) 知らないと恥ずかしい?お葬式についてのいろいろ All Rights Reserved.